脳脊髄液の循環を重視する

 

 

SOTとは仙骨後頭骨テクニックの略です。

SOTはオステオパシーの創始者であるDr.スティールと頭蓋骨調整法のDr.サザーランドにテクニックを教わったDr.デジャネットが創始しました。そのため、考え方がカイロプラクティックというよりも、オステオパシーという手技に近く、後頭骨と骨盤(仙骨)に注目した施術です。

呼吸のメカニズムと脳脊髄液の流れを通じて体の調和を考え、骨盤にある仙骨と頭の後頭骨が順調に動作しなければ、この脳脊髄液の循環がスムースに行われず、身体に様々な問題を引き起こすと考えます。

 

SOTでは人間の歪みのパターンを大きく三つの歪みに分類(カテゴリー)しました。

  •  カテゴリーⅠは硬膜のねじれにより歪んでいる場合。

 

  •  カテゴリーは仙腸関節の問題により歪んでいる場合。

    全体的にはこの状態が70㌫と多くて

    仙腸関節の離解(緩んだ状態)から問題を起こしています。

    「骨盤がゆるむと、O脚やヒップのゆるみ体系が崩れる

     下腹ぽっこり月経痛や便秘も生じやすい。」

    *骨盤がゆるむと下半身が太りやすくなります。

 

  • カテゴリーⅢは椎間板の問題により歪んでいる場合です。

    ひどいギックリ腰や椎間板ヘルニヤなどです。

    器質的な疾患ですので、変性・変形が進まない様

    的確で早めの調整が必要となります。

 

 

  

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

   SOTブロック
   SOTブロック

 

3つのカテゴリーを導き出すための検査方法からアプローチし、カテゴリーに合わせた調整を行います。

 

施術は非常にソフトで、基本的には、SOT独特のクサビ形のブロックを使い、それをベッドと患者の間に差し込むことで、患者自身の体重により身体を矯正します。

 

必要に応じて筋肉や骨格の調整も行います。  

 

そして…

CMRT(カイロプラクティック・マニプレイション・リフレックス・テクニック)では上部僧帽筋と

後頭骨の硬膜繊維を触診することにより、脊椎のサブラクセーションの場所を特定し、臓器の問題を分析します。

内臓の問題などを調べるのに使用し、それに合わせた調整で内臓問題からくる緊張や歪みを取り除きます。

 

 

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

 

脳せき髄液の流れが整うと・・・

 

 脳せき髄液は、ホルモンの流れや、神経の働き、体の調子を整える事など、健康のバロメーターです。

脳せき髄液の流れが整うと様々な体の変化が現れます。

治ろうとする体の力が歪んだ体と神経を整えてくれます。

穏やかではあるが確実にその変化は現れてきます。

あなたの体の中の治す力が自然と調整 をしてくれますので

何回か施術を行って整ってしまったら、月に一度程度のメンテナンスを心がければ、毎日快適に過ごすことができる様になるでしょう。

 

 

 

  • 痛みの原因は・・・


よくお伺いする事ですが、「何もしていないのに悪くなった」と言われる方多くいらっしゃいます。

特に何かをしたからという事で、それが、必ずしも原因になることは、意外と少なくて、仕事や日常の悪い姿勢等が体に負担を少しずつかけて、痛める原因を作り上げている事が殆どです。それがたまたま何かの動きがキッカケで痛み等の閾値に到達してしまい症状として表れたのだと思います。
 例えば、『30分中腰でいたら』だいたいは必ず腰が痛くなります。 ほんの小さな事でも、毎日少しずつ長い時間をかけて、あなたの体にゆがみを作っているのです。

それが痛み・しびれ等の原因になっている事も多くあります。 

問題を起こしているポイント(サブラクセイション)を調整 すると共に、調整後も問題を起こさない工夫も一緒に考えたいきたいと思います。

脊椎と内臓の関係
脊椎と内臓の関係



健康に重要なことは体液の循環


カラダ中の水の流れを良くすることは、より若く、より元気に過ごす秘訣です。

 

身体の中にある水を「体液」と言います。

 

代表的な体液として思い浮かぶのは「血液」や「リンパ液」でしょう。

 

実はこの他にとても重要な「脳脊髄液」という体液が存在します。

 

この3つの体液循環を良くすると、カラダは自然治癒力が増し、疲れ知らずの健康な身体を手に入れることができるのです。

 

なぜなら、体液は身体の60~70%を占めているからです。

 

人間にとって「一番」大事なのは、何でしょう。

 

骨でしょうか?  内臓でしょうか?  筋肉でしょうか?・・・・ いいえ。

 

骨が骨としてはたらくためには、  内臓が内臓としてはたらくためには、

 

筋肉が筋肉としてはたらくためには、

 

必要なものを届け、いらないものを持ち去る役目を引き受けてくれる存在が、まず必要です。

 

それが「体液」なのです。

 

あなたは、そのことを知っていましたか?