猫背は、

背骨の問題より土台である

「骨盤」特に「仙骨」の

正しい角度が問題になっていることが多く、

座っている時、

立っている時の

姿勢の注意が何よりも

大切になってきます。

背中が丸くなると、

見た目の悪さだけではなく、

肩が前に出てしまうために

肩関節を痛めたり、

頭の位置が悪くなるので

「肩こり」や「首の痛み」

にもつながります。

「四十肩」や「五十肩」

腕の痺れなどの他、

「頭痛」「めまい」

「視力の低下」など

引き起こしかねません。

胸郭の圧迫で呼吸が浅くなるほか、

内臓の圧迫で内臓機能の低下など、

様々な問題を起こしてしまいます。

 

 

 

 

良い姿勢は意外と大変です。

しっかりと意識して注意しないと、

なかなか改善し

自分のものになりにくいものです。

悪い姿勢は習慣で、「

歪み」やしみついた癖です、

調整してあげると

良い姿勢がとても楽に

出来る事に驚くでしょう。

 

調整してあげる事が

良い姿勢と健康を

手に入れる近道です。

 

 しかし、

健康は治療家まかせでも

良くありません。

なぜなら、

治療家はあなたの体を

良くすることができないからです。

考えてみてください。

良い姿勢が出来るように調整しても、

毎日悪い姿勢で不摂生をしていたり、

疲労が蓄積するような生活が続いていると、

良い結果は出ないですよね。
治療する側と、

治療を受ける側との間で

共に作り上げる事が何よりも大切です。

 

もちろん、

「先生お願いします」

という気持ちを持つこと自体は

いいのですが、

その気持ちが強くなりすぎると

依存的になってしまい、

自ら良くなることを放棄して、

健康を取り戻そうとする身体に

ブレーキがかかってしまいます。

身体を良くするのは、

全ての人に備わっている自然治癒力です。
整体師をはじめとする治療家は

その力を引き出す

アドバイザー的存在です。
自分の体は自分で治す

という積極的な姿勢が大切です。