ちょっとした心がけで・・・


無病  ~  未病  ~  病気


あなたの身体は、今どのあたり?




心掛ける事

大切なことは・・・

 

何よりも、大切なことは、

 

傷める前の日頃の注意です。

 

そう!治療より予防! 

 

生活の中でのちょっとした注意で70㌫ 以上の問題を

 

回避できるといっても過言ではありません。

 

あなた自身!

 

・・・・ 「やるか or やらないか」 です!

 

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

 正しい姿勢と深い呼吸
 正しい姿勢と深い呼吸

呼吸

 

横隔膜は脊骨の腰椎に付着している為

腹式呼吸はこの腰椎を動かす事になり

脳脊髄液の循環を促進させます

 

この事から、深い呼吸が脳にまで大きく影響し

 

体全体に関係するというメカニズムなのです

 

深い呼吸で、元気な毎日を過ごしましょう
 
❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

    歩くだけで・・・
    歩くだけで・・・

運動歩くという事は

 

単に運動をするという事だけではなく

 

血液・リンパ・呼吸・脳脊髄液ets・・・の

 

循環や促進に役立ちます歩く事こそ

 

いつでも手軽にできる健康への近道と言えます。

 

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

 

  仙骨の角度が大切!
  仙骨の角度が大切!

 

姿勢

 

脳と脊髄は「硬膜、クモ膜、軟膜」

 

とよばれる3つの膜に包まれ、

 

脳脊髄液という液体の上に浮いる様な形になって、

 

守られているともいえます。

 

そしてそれは仙骨にまで達しています。


脳脊髄液は1日に500ccほど作られ

 

この隙間を循環していますが、

 

この液体の循環が滞ってしまうと

 

様々な障害が起きてしまうのです。


土台である骨盤、特に背骨を載せている仙骨と、

 

脳からの神経の出口でもある後頭骨と頸椎1番は、

 

その位置がとても大切で、

 

正しい姿勢によって

 

正しい仙骨-後頭骨の関係が作られる事により、

 

正常な脳脊髄液の循環が保てれるのです。

 

◎脳脊髄液の循環が、

 

神経を正しく働かせ、健康を作るのです。

 

 

ゆったり、のんびり質の良い眠り
ゆったり、のんびり質の良い眠り

そして・・・・ 睡眠
 
昼間の疲労やストレスは、
寝ている間に改善されますが、
寝不足や、質の悪い睡眠は

改善する前に朝を迎えてしまうので、
慢性的な疲労の蓄積が起きてしまいます。
ゆっくり寝ても疲労が取れない。
朝から疲れている。
寝ている事がつらい。
いつも眠い、しかし、眠りは浅い。
歳とともに、このような事が多くなりますが、

改善作は有るものです。
飲みすぎ、食べ過ぎで、就寝しない
昼間軽く運動を(ウォーキングなど)する
日光に当たる(朝-午前中が良い)
就寝前に軽くストレッチをする
就寝間近にTV・パソコン・ゲームなど刺激を避ける
照明を少し落とし、ゆったりとした時間を持つ
昼寝の時間を取りすぎない(15-30分程度に)
0:00を過ぎない(今日の内にお布団へ)


◎カイロ113の施術は、
 
髄液の改善で脳神経調整と共に
 
様々な改善に役立ち、効果を発揮します。
 

 

 今日も、うまく焼けました
 今日も、うまく焼けました

食事


体は、毎日の食事から作られています。
 
ですから、

 

健康管理で食事が一番大切だと考えます。
 
これから新米が出回り、

 

おいしいご飯が毎日食べられます。
 
便利な ホームベーカリーなども普及し、

 

おいしい食パンが、
 
家で焼けるようにもなりました。
 
しかし、

 

白米や食パン、フランスパン、うどんなどはGI値が高く、
 
血糖値を上げてしまいがちです。
 
日本人が昔から食べてきたお米と言えども
 
見直さなければいけないのかもしれません。 
 
五穀米や雑穀米、

 

全粒粉のパンやライ麦パンなどが見直されてきているのも
 
単なる流行ではないように思えます。
 
 腹八分目の食事を心がけ、
 
適当な空腹の時間を持つことが、
 
脳と体をリセットするポイントになります。

 

食べ過ぎないことの大切さを知るべきでしょう。