加齢黄斑変性

欧米で失明原因1位の

加齢黄斑変性。

 

日本での認知度はまだ高くありませんが、

高齢化や生活習慣の

欧米化などの影響を受け、

日本でも徐々に患者数が

増えてきています。

 

 

私たちの「見る」という行為は、

外界から入ってきた画を

網膜に映し、

それを電気信号にして

脳に伝えることで成り立っています。

 

加齢黄斑変性とは、

加齢とともに

網膜の中でも焦点が結ばれる

(視界の中心となり一番よく見える)

「黄斑」に

異常が起こり、

視界が不明瞭になる病気です。

 

 

加齢黄斑変性は、

黄斑やその周辺組織が委縮し

画を映すフィルムとしての

機能を失ってしまう

「委縮型」と、

 

黄斑周辺に不要な血管ができることで

黄斑の機能が阻害される

「滲出型」とに

分けられます。

 

どちらも、

視界の中心がゆがんだり、

黒くぼやけたりといった

症状が挙げられます。

 

 

加齢黄斑変性の

恐ろしいところは、

ある程度病状が進まないと、

見え方に大きな変化がない

というところ。

 

片方の目に異常が起きても、

ある程度までは反対の目で

カバーできてしまうからです。

 

気づいたときには失明間近

というケースもあります。

 

「まだ見え方に異常はないから大丈夫」

と思うのではなく、

定期的な受診を心掛けてください。

 

さて、

気になる治療法ですが、

現在の医学では病気の進行を

食い止めることはできても、

完治させる事はできません。

 

ただ、

予防する方法はあります。

それは、

抗酸化作用を持つ物質を摂取すること。

 

緑黄色野菜に含まれる

ルテインやベリー類に含まれる

アントシアニン、

他にもビタミンCEなどは、

加齢黄斑変性の予防に

効果的な栄養素として有名です。

 

 

また、

紫外線やブルーライトを極力避け、

目を酷使しないようにすることも

加齢黄斑変性の

予防につながります。

 

紫外線や

ブルーライトをカットする

眼鏡もお勧めです。

 

 

 カイロプラクティック113